適者生存の研究室

普通の大学生が現代社会での生き方を模索する研究所

ブログがオワコンだという風潮

ブログはオワコンなのか?

昨年、有名ブロガーイケハヤさんのYouTubeにアップした動画が大きな波紋を呼んだ。

 

そう「ブログオワコン説」の提唱である。

 

イケハヤさん曰くテキスト文化そのものが終わってきていて動画の方が視聴する人が多いのではないかとのこと。

 

これに対する色んなブロガーさんの記事を見ていると動画の方が情報量が多いためテキストよりも見やすいと言っている人も多くいた。

 

確かに文字から得られる情報よりも、音声や動画の方がよりリアルかつ鮮明な物を提供してくれる。

そして現在、テレビを見るよりもYouTuberの動画を見た方が面白いなんて言う人もかなり多い。

 

でもだからといってブログはオワコン化しているのだろうか。動画はテキスト文化を本当に終わらせたのかということに焦点を当てて考えてみた。

 

以下底辺ブロガーの戯言。

 

f:id:biologuitarist:20190217114734j:image

 

YouTubeなどの動画の決定的な弱点

 

ブログとYouTubeの違い

そもそもブログとYouTubeでは提供するコンテンツが違うおかげでかなり棲み分けが出来ている。(勿論ブログや動画の趣旨にもよる)

 

ブログは個人の体験、それを踏まえた役に立つ情報などをよく見るのに対して、動画はバラエティや音楽、アニメ、ダンスや演奏といったものがよく見られる。

これだけでも十分ブログと動画では世界が大きく異なっていることが分かる。

そして単純にここまで提供する内容が違っていればブログが衰退することなんてないだろう

 

確かに最近アシタノワダイやフェルミ研究所などのよくブロガーが書きそうな役立情報やトリビア系の動画が人気を博している。だがYouTubeがこういった動画で溢れかえることはおそらくないと思う。

 

 

なぜならこういった動画よりもブログなどのテキストの方が知りたい情報をより得やすいからだ。そこには動画のある決定的な弱点が関わっている。

 

動画のウィークポイント

 

今からメンタリストDaiGoさんの動画を見ていて思ったことを少し紹介させていただく。

 

メンタリストDaiGoさんはブログもYouTubeも両方運営していて、ブログの内容をより詳しく動画で説明するような形をとっている。(多分)

 

確かにブログは読みやすい、めちゃくちゃ簡潔にまとまっていて文章も綺麗だ。

そして動画、サムネもなかなか興味抱かせてくれるもので面白い。

 

だが肝心の中身、

 

いや長いわ

 

そう、めちゃくちゃ長い。

動画を見ると当たり前だが動画を見た分だけ時間を消費してしまう。

 

そして動画は中から自分の得たい情報だけをピックアップするのがかなり難しい。

なぜなら動画のどこの部分で自分の知りたいことについて喋っているか分からないからだ。

 

これらの理由から分からないことを調べるというに関しては動画よりもブログの方が圧倒的に相性が良いように思える。

 

ブログは知る必要のない所は読まなくていい。知りたい所だけ読めばよく、こういった情報を得る効率としてはブログなどのテキストの方が動画よりも優れている。

(〇〇の仕方など実際に動作手順を伝える時は動画の方が優れているとは思います)

 

少し視点を変えるとテキストは能動的に情報が探せるのに対して、動画は受動的に情報を与えられるといった感じだ。

 

まとめると知りたい情報へのアクセスのしやすさはブログなどのテキストの方が断然よく、そういったブログの長所を動画が持ち合わせることはできない。

故にブログは役割を持ち続け衰退していくことはない。

 

情報量の違い

 

まず一つ確認していただきたいことは、動画は人が喋るので主に耳から情報を得るのに対してブログは主にテキストから情報を得るということ。

 

これを踏まえた上で考えると動画は情報量が多いと言われているが本当にそうなのだろうか。僕的には動画は情報"量"が多いと言うよりも情報の"質"が高いように感じる。

 

先程も述べたように音声と動画が提供する情報は文字よりもよりリアルだ。その点において量が多いというよりも質が高いと言えるのではないか。

 

ではブログはどうだろう。ブログには動画のような音声もなければ動く絵もない、せいぜい画像が数枚あるくらいだ。

 

 

ところで人が喋る速度と文字を読む速度ではどっちが速いだろうか?

 

結論から言うとこれは間違いなく読むスピードの方が速い。

聞く速度より読む速度の方が速いということはそれだけ得られる情報量も多いということ。

 

だから単に役に立つ情報や雑学、自分の経験を語るのであればやはりテキストの方が強く、見る側からすれば効率よく情報を集めることが出来るのだ。

 

 

ではどういう意図で「ブログはオワコン」と言ったのか

 

一つ考えられることはあまりにもブログ界に参入する人が増え自身のアクセス数が減ったため一度参入する人を減らそうとしたということ。

 

ブログはもはやブルーオーシャンではなくレッドオーシャンと化してしまったので本気で収入を得ようとしている人もかなり難しくなったのではないか。  

 

まあこれに関して言うと僕はブログでアフェリエイト収入を得るという経験をしていないので正直なんとも言えない部分がある…

 

オワコンかどうかは自分で確かめろ!

 

 

確かに有名ブロガーは強大な影響力を持つインフルエンサーだ。だがそれを鵜呑みにしアクションを起こさないのはあまり面白みがない。

 

ブログがオワコンかどうか確かめるには実際自分で運営してみて体感するのが一番早い。

 

ただ少なくとも言えることはテキスト文化はまだ終わっておらず、ブログの守備範囲を動画が全部持っていくなんてことはしばらくは起こらない。