適者生存の研究室

普通の大学生が現代社会での生き方を模索する研究所

最近の若い人はお酒を飲まない?時代の流れとサークルについて

始めに

 

「若者のお酒離れ」なんて言葉を耳にしたことがあるだろうか。

 

近年ネットやニュースなどで「若者のお酒離れが深刻!」みたいな記事をよく見るようになった。

 

数十年前に大学生を経験された方なら想像出来ないかもしれないが、現在20歳の僕から言わしてもらうとこれは間違いなく起きている。

 

実際僕も普段お酒を飲むことはないし、飲み会も烏龍茶で済ませている。

 

飲むことはないと書いたものの、自分は「飲まない」のではなく「飲めない」タイプである。

 

では実際の部活やサークルではどうなっているのだろうか。自分は部活、サークルとも両方所属しているためまずは現状報告からさせていただく。

 

f:id:biologuitarist:20190313210249j:image

 

 

部活について

 

僕の記事をいくつか見てもらった方はご存知だと思うが筆者は軽音部に所属している。(ちなみに後で記述するサークルの方も軽音サークルである。)

 

まず部活ということで他の団体に比べて歴史が長く、お酒の飲み方に関してもそれなり伝統のような物まで残っていたりする。

 

一つ例をあげるとすれば飲み会はビール縛りとなっておりビール以外は注文出来ないというルールが存在する。

 

このルールがキツすぎて昔は部活を辞める人も結構いたという話も良く耳にした。

 

しかしこのビール縛りも5年ほど前から暗黙の了解みたいな感じでどうしても飲めない人は烏龍茶を頼んでいいというルールに変更になった。

 

ビール縛り以外にもこの部活にはかなり強烈なお酒文化があったらしいが今は徐々に薄れていって中には完全に姿を消した伝統まで存在する。

 

このように部活のお酒の文化が廃れていったのも時代の流れなのだろうか。

徐々に若者とお酒の関係というは希薄になりつつあるように感じる。

 

 

自分が今所属するサークルができた理由

 

僕が所属しているサークルはこれまた軽音である。

 

だが面白いことにこのサークル、先ほど説明した軽音部の人たちが部活のお酒文化についていけずアルコールフリーを掲げて立ち上げた軽音サークルなのである。(約15年前の話)

 

(その両方に所属している自分は一体何なのだろうか)

 

勿論他のサークルではお酒を嗜むことがメインとなってしまっている俗に言う「飲みサー」みたいなのもかなり多いが、僕の所属するサークルのようにサークル内からお酒を排除しようとした団体まで存在しているのは確かだ。

 

 

何故お酒を飲む人が減っているのか

 

自分がお酒を飲まない理由とお酒を飲まない人が飲もうとしない理由を個人的に幾つかまとめてみた。

 

 

①お金を節約したい  

 

居酒屋とかに行くとザラに3000円くらい飛んでいく。人の価値観はそれぞれだが個人的に1回のご飯でこの値段は学生にとってかなり高い。

 

正直居酒屋行くならラーメン4軒回るわ。

 

金銭的な面でお酒をあまり飲まないという人もかなり多いのではないかと思う。

 

 

②お酒を理由にしなくてもコミュニケーションが取れる時代になった

 

今の時代SNSを使えばいつでもどこでもコミュニケーションをとれる時代になった。

 

つまりわざわざ集まってお酒を飲まなくても手軽に意思疎通が出来るようになったのでお酒の需要は減ったのではないか。

 

あと酔わなくてもSNSなら腹を割って話が出来る気がする。

 

 

③問題を起こしたくない

 

今の時代、未成年飲酒や一気飲みによる急性アルコール中毒なんて起こればすぐに色んなところから制裁が下され問題視される。

 

場合によってはSNSで拡散されてネットの「おもちゃ」にされてしまうケースもある。

「この世の終わりのようなインスタグラム」のOMMCお姉さんは記憶に新しい。

 

そこまで大規模なものでなくとも単純に酔いつぶれて他人に迷惑をかけるのが嫌だとかいうマインドを持つ人は増えていると思う。

 

おわりに

 

ちなみ僕はお酒が飲めないと書いたが具体的に飲むとどうなるかというと酔うとかそれ以前に頭が痛くなる。そして異常な眠気に襲われるのだ。

 

これはもはやお酒を楽しむとかいうレベルではない、生命の危機ですらある。

 

(実際アルコールを分解する過程で発生するアセトアルデヒドは紛れもなく毒である。)

 

このように極端にお酒に弱い人にとってアルコールは有害物質でしかない。

 

実際我々黄色人種はアルコールを分解する機能が弱い人が多く無毒化されるまで時間がかかるせいか二日酔いする人もかなり多い。

 

それを抜きにしてもそもそも酒を美味しいと感じない。これは自分の舌がガキなだけだろうか、ビールとか飲めたもんじゃない。

 

 

そんなアンチアルコールな自分であるが飲み会ではだいたい介護する側に回る。

 

水を飲ませたり、家まで送ったりトイレに連れていったり…

 

あぁーめんどくせえ!

 

恐らくお酒に弱い人はどうしても損な役割になってしまうことは間違いない。

 

そんな損な役回りを他人に課したくないないので僕はお酒を飲まないのだ。

 

 

 

あと一つのいうと烏龍茶がやっぱりうまい。